FC2ブログ
正しい交差点のわたり方

正しい交差点のわたり方

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

買えるものは○スターカードで

目標設定をするときに、

「この記録が出したいです!」

というのは非常に大事です。

あいまいなものを、具体的に捕らえることができる数字にして扱うことで、明確な指針にすることができる。

と、色々な指導を受けたことがありました。


しかし、この「記録」を目指すいうことが何か曲者なように最近感じました。


記録を出すためには、色々な課程を経てそこにたどりつくと思います。

つまり、「この記録」を出すためには、「これ」をすることが必要になります。
目的の話ですれば、「遠くに跳ぶ」ことが最大目標であり、「この記録をとぶ」ということは通過地点であり、
目標にはなり得ないような気がします。

言い換えると、

「おいしいたこ焼き食べることが」最大目標であり、そのために「大阪に行く」という行為を選択肢して、
「色々な手段(新幹線など?)」を講じて大阪にたどり着き、「700円のたこ焼き」を食べておいしかった。

場合、「たこ焼きを食べに行こう」は「遠くに跳びたい」。「大阪にいく」がトレーニング課題。「新幹線に乗る」が「トレーニング手段」
「700円」が記録となりそうな気がします。

この700円はたまたま700円であっただけで、1200円のものはもっとおいしいかもしれないし、500円でもおいしいものがあるかもしれない。
700円に縛られてしまうと、その他の可能性が見えなくなってしまう。
そもそもが、おいしいたこ焼きを食べたいだけなのだから、大阪に行かなくてもいいし、自分で作ってもいい訳です。
こういった、「縛り」が、選手を窮屈にしてしまう感じがします。

そして、「記録」が一番陥りやすい罠である気がします。

「その課題」がクリアできた結果、ある「記録」がでる。
想定していた通りかも知れないし、上かも知れないし下かもしれない。
そして、その目標もしくは次の目標とのギャップを埋めていく。

しかし、「その記録」を目指した場合、
その課題ができてもその記録が出なかった場合は、その課題が達成できていない評価になる気がします。
これにより、新たなステップに進んで考え得られずに、同じところで迷ってしまう。
本当は、別のステップに進んでいるのに。

こうやって、いまの自分の現在地点を見失い、現状把握がうまくいかずに、マイナスのスパイラルに入ってしまうことがあるのではないでしょうか?


また、試合中にもこの罠にはよく引っかかる気がします。

「よし、今日はこの記録を目指そう!!」
「じゃあ、1回目はこうやな。」

と、思って記録が振るわなかった時。
「え?何で?」
と思ってしまいます。

そして、トレーニングが順調で、確かな手ごたえがあるときだと尚更です。

しかし、この「何で?」
そして、「こんなはずはない・・・」と

こう思った瞬間、思考回路がストップしてしまう気がします。
「こんなはずはない」
自分の現状を否定してしまう考え。つまり、現状把握に狂いが生じます。


一方、
「今日はこれがこれができたら跳べるなぁ」
ではいると、失敗してしまった場合は、
「あ、できなかった」
となります。

しかし、目標地点が「これ」と分かっているので、修正するための建設的な思考につながる気がします。
そして、「これ」ができたにも関わらず、記録が振るわなかった場合は、そもそもの目標設定が失敗していたわけで
改めて「何で?」と考えたり、新しい試みを試すことがでるような気がします。

こう考えると、「記録」と言う目標は、「具体的」な「データ」であるものの、行動としては「曖昧」な目標な気がします。

少なからず、具体的な「課題」とセットで取り扱わないと厄介な代物なのでしょうか??

新幹線¥12000
JR¥120
たこ焼き¥700
コーヒー¥120
おいしかったたこ焼きの味\priceless

100m:10"7
SLEAN:130kg
RJ_index:4.99m/sec
S5SJ:18.30m
乗り込み:○
スイング:△
アタック:◎
Tripple jump:unknown

結局、訳わかりませんね
スポンサーサイト
 
<- 04 2011 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

藤林 献明

Author:藤林 献明
  Nobuaki Fujibayashi
▼立命館大学 & 立命館AC 所属
▼博士(コーチング学)
▼1984年10月14日生
▼大阪府出身
▼陸上競技 三段跳
▼PB 16m51
▼復帰後 16m13
▼普通の三段跳選手でしたが,
跳躍選手の命とも言えるアキレス腱を断裂.
しかし,こりずに復帰.
不死鳥ジャンパー(笑)を目指して奮闘中.ようやく幼鳥ほどでしょうか.
過去よりも熱く燃え上がり,高く舞い上れるように…
そして、止まっている歴史を動かすために!!

-主な競技成績-
日本選手権 '07 3位
国際GP大阪 '06 4位
ゴールデンGP上海 '07 4位
アジア室内 '09 2位
日本GPシリーズ '04,'07,'09 1位

お気に入り商品


Archive RSS Login
BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 投票する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。