FC2ブログ
正しい交差点のわたり方

正しい交差点のわたり方

 

木を揺すったらいつまでも揺すってらんと落ちて来るのを見計らえよと。

最近は本当にのんびり陸上を楽しんでいます。
もちろん、やらなければならないことはあるのでやるべきとこはちゃんとやってますよ!!

ただ、本当にどーでもよい、大したこたないしがらみに縛られていたようです。
楽しくおかしくやることはダメなのかは分かりませんが。
何で今まで陸上をやってたのかを考えると、
アスリートとしての責任ではなく、
好きやからこそのはずです。
義務として仕方なくやるのであれば、それは違う。
好きなことを仕事に出来ている以上、楽しんでやることが義務なのかもしれません。

この間まで、何をどう考えて、どのように取り組んでも、中々答えが見つからなかった難解な問題が、
フッと息をぬいて、自然体で取り組んだ瞬間、
いとも容易く、答えが舞い降りて来ました。

本当に単純な答え。
簡単な答え。

何でこんな事が出来なかったんやろう。
何でこんな事思いつかなかったんやろう。

勝手な思い込みで、
勝手に迷路に迷い込む。

答えは以外とすぐ近くにある。
周りを見渡せば、すぐ手の届く所にあるのに、前しか見てないから気着かずにどんどん遠ざかる。
むしろ、そこは本当に前なのか??

集中して取り組むことはすごく大事でしょうが、
いざ本番と成ったの時には、
いかにゆとりを持って、余裕を持って、楽しめるか。

そんな切り替えが大事なのかもしれないですね。

そういえば、世界のムロフシさんも、見上げた夜空に一番星を見つけたと話されてました。
その時の解説の方は、「あの時の状況下、あの瞬間に他の誰が空を見上げて星を見る余裕があったでしょうか?その心理状態が金メダルをもたらした」
的な話しをしていた気がします。

頭は空っぽの方が夢詰め込めるらしいし、
大事な閃きも、チャンスのチャンスも、
空っぽの方が吸い込まれて来るかもしれないですね。
ただの空っぽはダメやろけど。。笑

さあ、日本トラックアンドフィールド界のメインイベント、4年に一度の更なる盛り上がりを見せる日本選手権が差し迫ってきました。
この一大イベントが地元開催なのに何してんねやって感じですが、
それは、まあ今回は置いて置いて。

是非是非、参加する皆さんには
柵に囚われる事なく、
余計な事でいままでの成果の発揮が遮られる事なく
悠々自適に、楽しく競技をしてもらいたいですね!(何様や!?汗笑)
そして、最高のパフォーマンスを魅せていただきたい!!

秘めたる気持ちはいずれ発揮すべし!
本当の意味で楽しむために!!
スポンサーサイト



 
<- 06 2012 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

藤林 献明

Author:藤林 献明
  Nobuaki Fujibayashi
▼立命館大学 & 立命館AC 所属
▼博士(コーチング学)
▼1984年10月14日生
▼大阪府出身
▼陸上競技 三段跳
▼PB 16m51
▼復帰後 16m13
▼普通の三段跳選手でしたが,
跳躍選手の命とも言えるアキレス腱を断裂.
しかし,こりずに復帰.
不死鳥ジャンパー(笑)を目指して奮闘中.ようやく幼鳥ほどでしょうか.
過去よりも熱く燃え上がり,高く舞い上れるように…
そして、止まっている歴史を動かすために!!

-主な競技成績-
日本選手権 '07 3位
国際GP大阪 '06 4位
ゴールデンGP上海 '07 4位
アジア室内 '09 2位
日本GPシリーズ '04,'07,'09 1位

お気に入り商品


Archive RSS Login
BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 投票する